つくば市役所でやっている認知症家族の会に参加してみて感じた事

茨城県つくば市、守谷市、千葉県柏市でパーソナルトレーナーとして活動している坂本孝宏です。

 

先日、つくば市役所で毎月第一金曜日にやっている、

認知症家族の会という会に初めて参加してみました!

 

つくば市役所

この会は認知症の方を介護している方を対象にやっている会で、

介護者同士がお互いに話し合い、耳を傾け合う場です。

20代で参加していたのは、私と大学の卒業研究で来ていた方ぐらいでした。

 

参加者の多くは私の親世代かそれより上の方がほとんどです。

 

実際に参加してみて感じた事

 

一番感じたのは、「家族によって抱えている悩みは違う」ということです。

 

私の祖母は要介護3ですが、

参加者の方のご家族は要介護4、5という方もいましたし、

まだ認知症になったばかりという方もいました。

 

要介護4、5の方のお話を聞いていて、

自分が想像するよりも大変なんだなと思ったのと、

何より「祖母もこういう風になっていく可能性があるんだな」と思いました。

 

私は20代ということもあり、全然意識をしていなかったのですが、

参加者の方の多くは私の親世代かそれより上の方だったので、

その方たちに共通していたのが、

 

介護をしていて先に自分が倒れてしまったらどうしよう?

ということを心配されていました。

 

自分では考えた事がなかったので、正直ビックリしましたが、

確かにそうだよなと思います。

 

何か病気にかかって入院となったり、

急に倒れてしまった場合に認知症の方の介護は誰がやるのか?

ご家族がいる場合はどうにかなると思いますが、

2人で生活をしている場合にはそうはいきません。

 

その為、周りで協力してくれる人を見つけておくか、

施設などでそういう時に融通がきく施設を探しておく必要もあるとアドバイスが出ていました。

 

介護には周りの方の協力が必要です!

 

認知症家族の会には、

認知症の方の介護をしている人だけではなく、

医者、看護師、ケアマネージャー、治療家の方も参加されていました。

 

その方達にもアドバイスがもらえるので、

1人で悩むよりはこういう会に参加してみるのもオススメです。

 

介護をしている時はそれに夢中になっているので、

それ以外は考えられなくなったりもする場合もあると思いますが、

そういう時に同じ境遇の方やただ話を聞いてもらえるような場に参加すると、

きっと少しは気分が違うかなと思います。

 

つくば市は月1回こういう場がありますが、

他の場所でもこういう会はあると思いますので、

お近くで探してみてぜひ参加してみてください!

 

 

LINE@バナー

今日も素晴らしい笑顔と「ありがとう」を忘れずに!

パーソナルトレーナー

坂本孝宏