認知症の祖母と暮らし始めて1年が過ぎました!

認知症の祖母との暮らし

茨城県つくば市、守谷市、千葉県柏市でパーソナルトレーナーとして活動している坂本孝宏です。

 

私は現在88歳の認知症の祖母と一緒に暮らしていますが、

早いもので祖母を福島県から茨城県に連れてきて1年が過ぎました。

認知症の祖母と暮らし始めて6ヶ月が経ちました!

認知症の祖母と暮らし始めて9ヶ月が経ちました!

 

最初はどうなるのか全然見当もつきませんでしたが、

今ではその生活にも慣れ、祖母がいるのが当たり前になっています。

 

環境で人は変わる

 

祖母は一緒に住む前はずっと福島で1人で住んでいました。

たまに会いに行ったりはしたのですが、

認知症が進行しそろそろ1人だと心配だということで茨城に連れてきました。

 

連れてくる前と連れてきてしばらく一緒に住んだ後だと表情が全然違います!

 

認知症の祖母

こちらが一緒に住む前で福島に行った時の写真です。

 

認知症の祖母

こちらが一緒に住み始めて、去年の米寿のお祝いを家族みなでした時の写真です。

 

久しぶりに写真を見返してみると、

「環境で人はここまで変わるんだな〜」とつくづく思いました!

 

祖母の誕生日は10月なのでもう半年ぐらい経ちますが、

それまで大きな変化としては、上の写真ではまだ歯がありますが、

今では歯が抜けてなくなっています。笑

 

ある朝起きたら、歯が抜けていて、

「ばあちゃん、抜けた歯どこにやったの?」と聞いてみると、

「歯抜けてないよ!ほら見てごらん!」とイーッと口を開け見せてきて、

「いや、ないじゃん!笑」なんて会話をしながらキッチンに行ってみると、

抜けた歯がキッチンに置いてあったコップの中に入っていました!笑

 

高齢になると健康である事が大切ということがより分かった日

 

一緒に住んでいて大変じゃないの?と聞かれることがあるのですが、

大変だなと思ったことがあまりなく、むしろ楽しく過ごさせてもらっているなと思います!

 

一緒に住んでいて唯一大変というか考えさせられたのが、

祖母がインフルエンザになった日でした。

 

認知症の祖母との生活

 

元気な時はだいたい全部1人で動けていたのに、

インフルエンザになった途端に、本当に自分では動けなくなってしまいました。

 

この時は自分で朝起きるのも、トイレに行くのもできなかったので、

仕事のない時間は極力家にいて、トイレに連れて行ったり、

母親と協力をして服を着替えさせたり、病院に連れて行くのにお姫様抱っこをして車まで連れていったりしました。

そして夜も、ちゃんと布団で寝てるかを確認したりもしました。

自分がインフルエンザということを忘れて動こうとしちゃうのでよく布団からは身体が飛び出ていました。

 

「高齢になるとここまで変化が出るんだな」と身に染みて感じた経験でしたね。

だからこそより毎日元気で健康にいることが大切だなと思います!

 

インフルエンザをキッカケに祖母にある習慣が身につきました。

それは、「ソファに横になる」ということです。笑

 

認知症の祖母との日常

寝起きを撮ったので変な顔になっていますが。笑

インフルエンザになる前は、ソファに横になるということは一切なかったのですが、

インフルエンザになって身体がだるい時に横になって気持ちが良かったのか、

今では毎日このように寝ています。笑

 

この習慣は身につかないで欲しかったですね。。。苦笑

 

お茶目な祖母が可愛いです!

 

たまにこちらが予想していないことをやるので、

そこがまた可愛いな〜と思います!

 

デイサービスに行く時用のバッグが冷凍庫に入っていたり、

キッチンについてる食洗機の中に入っていたり。

 

自分の帽子が冷蔵庫の野菜室に入っていたり、

朝起きたら自分の上着を着ていたり。

 

挙げだしたらもっとたくさんありますが、

どうしてそうなったんだ?と思うことが多々あります。

 

 

しまいには、アンパンマンにも話しかけています。笑

こんなお茶目なところがまた良いですよね!

 

祖母と一緒に暮らすことで自分にも良い影響が出ています!

 

祖母と一緒に暮らしていて、自分にも良い影響が出ています。

祖母と暮らし始めてから祖母までとはいかないですが、

高齢の方からのパーソナルトレーニングの依頼が増えています。

 

また介護予防運動教室のお話をいただいたり、

シニア向けのイベントをやってくれというお話もいただいたりします。

 

そしてこのブログも一緒に暮らしていなかったら、

作ることはなかったと思います。

 

今の環境をいかにプラスに活かすか。

私の場合は同年代でまず同じ経験をしている人はいないので、

それだけでもとてもラッキーだなと思います!

 

今後もこの経験を活かして活動していきたいなと思います!

 

認知症の祖母との暮らし

 

おばあちゃん、これからも元気でいてね!

 

LINE@バナー

今日も素晴らしい笑顔と「ありがとう」を忘れずに!

パーソナルトレーナー

坂本孝宏